カテゴリー「趣味」の投稿

photo:らいだ~

秋になってバイクに乗れば、気持ちいい季節になってきました。

043_r 私は中型二輪の免許を持ってるんですが、最近めっきりバイクに乗ることはなくなってしまいました。

もちろん、今でも、機会があったら乗りたいな・・・っていう気は心の奥底にあるらしく、”まったりキューブ君”で街中を走っていても、好みのバイクを見かけると、

「(・Δ・) あ! かっこいいなぁ・・・」

と目が釘付けになってしまいます。

写真は、たまたま前を通り過ぎたおっちゃんをスナップで撮ったもので、とりわけ「かっこいいから・・・」と思って撮ったワケではありませんが、近所間の移動なのか、かなりラフな格好でイケてましたね。Pht_photo_02_r

まぁ、私の場合は、そんなに、でかいバイクは欲しいわけではなく、

『可愛く使えるバイク』

が欲しかったりします。例えば、Pht_photo_zoomer_r

ホンダのモンキー (写真右上)とかApeとかZOOMER(写真右下)とか・・・(^o^)

ただし、私も過去に何台かバイクは所有したことはありますが、今でも思うことは、春夏秋冬があり、雨も多い日本の田舎に住んでいると、バイクよりクルマを所有する方が現実的なのかもしれないってこと。。。

( ´Д`)


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

photo:鉄道写真って難しいね・・・(´・_・`)

今NHKの趣味悠々で、鉄道写真をテーマにした番組を放送している。

前にも書いた通り、私は小さいときから鉄道が好きだった。

「大きくなったら?」

と聞かれたら、

「新幹線の運転手ヽ(^。^)ノ」

と答えた時期もあった。

ところが、今ではガキの頃では想像だにしない

「無職」

という職業?になってしまっている・・・( ´Д`)

話がそれたが、まぁ、鉄道が根っから好きなものは仕方がないので、最近になり、

「落ち着いたら、趣味として鉄道模型NゲージとかZゲージとかやろうかな?」

なんて思っている。

もちろん、もともとスナップ写真を趣味でやっている建前上、趣味と好みの合わせ技で、

写真+鉄道=鉄道写真

となる。

どうせ撮るならうまく撮りたいものだが、これがなかなか難しいことが分かった。

下の写真は、踏切で待っているときに、クルマの中から撮った写真。

車両の形式は勘弁ください<(_ _)>。 そこまではわかりません。勉強不足。

両方とも、

”特急 しおかぜ+いしづち号”

この列車は、途中香川の坂出で切り離されます。二手に分かれて、瀬戸大橋を渡り、岡山に行くのが”しおかぜ号”。高松に行くのが”いしづち号”となります。また、左は宇和島まで行く、ディーゼル特急アンパンマン号。右は電車で松山までしか行きません。(おそらくそうだったと思う・・・)

列車が通り過ぎて、写真の出来を見てみると・・・

手前に、邪魔が入ってるぅ~~( ´Д`)・・・・。
001_r 002_r






今回の写真は、LUMIX DZC-TZ7で撮ったやつだけど、やっぱり本気で撮らないといい写真は撮れないなぁ。

NHKも趣味のひとつとして取り上げるわけですな。

最近、チョロットスナップ写真だけ撮ってるので、お休み気味のEOS Kiss X2の出番ですか・・・。

ただ、Kiss君には、先日三脚を買ったので、接写か夜景の写真で出動願おうかなって思ってたりしておりますが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

column:改めて、よろしくお願いします<(_ _)>-ブログとブログをつなぐサービス

ブログを書き始めて、半年以上が経つ。

なんとなく今まで書いてきたのだが、最近やっと、

『ブログとブログをつなぐサービス』

の利点っていうのが解ってきた。

「遅いよ・・・」

って言われそうだけど、

「あぁ、なるほどな。こうすりゃ繋がりができてくるのか・・・」

がなんとなく・・・

この手のサービスには、私は、左の”Visitor”のブログパーツにあるように、

(1)YAHOO! Japan ログール

(2)goo あしあと

(3)エディタ・コミュニティ

に登録している。

もしかしたら他に登録したサービスもあるかもしれない。

これを登録した当時は、ブログパーツにハマっていたときで、どんなサービス内容なのか何が何やら解らず、

「とりあえず、貼っちまおう!(^o^) とりあえず、登録だぁ!ヽ(^。^)ノ」

と何事も勢いで進めていた。

もともと、パソコンに関しては、

「考えるよりまず行動。(`・ω・´)シャキーン!!」

という方針で今までやってきた。

その辺が、今頃になり、やっと実を結んで理解できてきた。

なるほどね、これらは、よく似た趣味や地理的に近所の人たち等、探すのにはとてもいいサービスだわ。

今更ながら感じた(;^_^A。

最近まで、これらのサービスに登録すると与えられる

”マイページ-自分のブログとお友達のブログの管理ページみたいなもの”

は全く手付かず状態だった。

ただ、これを起点に、ブログ活用していけば、もっとお友達も増えていきそうに思える。

とりあえずは、マイページをゆっくり整理して行こうと思っています。

今更ながら、このページにいらした皆さん、改めてよろしくお願いします<(_ _)>。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

photo:りんご畑

今年のりんごの出来はどうなんだろう(・_・)?

写真は5年前の今日、近くのりんご畑で撮ったもの。

100_0011_r 初めて買ったデジカメで撮った。

買ったというより、オークションで落札した。

『Canon PowerShot A60』。

8月初めに落札して、お盆に商品が届いた。

でも、液晶の動作がおかしく、修理に出すことになった。

41geqvq38sl_r その時は、

「外れ品だ。。。めんどくせーなぁ。。。( ̄_ ̄)」

って思ったが、出品者の方がとても親切な人で、この件に関して、非常に恐縮しながら対応してくれた。

いろいろ連絡を取っているうちに、何かこっちの方が悪くなってきてしまったことを思い出す。

今となっては、そんなトラブルもいい思い出になっている(^o^)。

その後、修理から返ってきたPowerShot A60。

そいつを片手に、早速撮りに行ったのが、クルマで20分ぐらい走ったところにあるりんご畑だった。

「りんごって、こういう風にナルノネ・・・」と思っていただければイイと思います。

正直、信州に来るまでりんごの生った木は見たことなかった。

私の地元はカンキツ類ばかりだからね(^o^)。

PowerShot A60は、マニュアル撮影もでき、バッテリーは単3乾電池。

修理後は快調に動き、結構楽しめた機種だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

column:『nゲージ』が気になる( ̄_ ̄)・・・

最近、ちょっと気になりだしたモノがある。

『nゲージ』と呼ばれる、鉄道模型だ。

015_r ラジコンに続いて、「また模型かよ!」って言われそうだ(;^_^A。

根っから好きなんだろうなぁ。

好きと言っても、今までの嗜好から、ガンダムとかフィギア関係の模型にには行きそうにない。

飾るより、動いた方がいいのね、私の場合。

まぁ、旅と言えば、

 鉄道≧クルマ>飛行機>徒歩

となるくらい、クルマと同じく、昔から鉄道も好きなのだ。

さらに、鉄道は、子供の時から好きだったから、大人になって興味を持ったクルマ以上にその思い入れは強い。

さすがに、ラジコンとnゲージ、両方はするつもりはない。写真もあるしね。

でも、先日本屋で、nゲージ関係の雑誌を立ち読みしていたら、欲しくなってしまった。

見事な落とし穴に引っかかった感じだ( ´Д`)

これは、タマタマだが、いま講談社から

『nゲージジオラマ製作マガジン 鉄道模型 少年時代』

が発売されている。

DeAGOSTINI(デアゴスティーニ)みたいなもんだ。

毎号パーツを買って組み立てていき、最後に出来上がるってヤツ。

初心者だから、これ買ってもいいのかもしれない。

だけど、全巻75冊(75週分)の合計金額が、

合計119,610円(税込)

となる( ´Д`)。

少し高い気がするんだけど、全くイチから始める場合にはこんな投資になるんだろうか・・・。

他の方法としては、KATOとかTOMIXと呼ばれる、鉄道模型メーカーから、スターターキットなるモノが発売されている。

とりあえず、そいつを買おうかなって思っているけど、結構場所が占領されてしまう。

初めは走らす毎に線路を組み立てる、”お座敷レイアウト”でもいいかなとは思っているけど、そう何度も組み立て・分解を繰り返していると、線路にも負担がかかるだろうなぁ。

となると、一回組み立てたら、何日かはそのままにしておけるスペースが必要になる。

そのスペースをどうやって作るか( ̄_ ̄)・・・

なんていろいろ考えてしまってます(´ヘ`;) う~ん・・・。

まぁ、まだ、生活自体も落ち着いてないし、もう少し考えようかね・・・(´・ω・`)。

本当に悩ましいトリトメのない文章で、終わってしまいました

( ´Д`)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

column:おっちゃん、何やっとんねん!!(-_-メ)・・・

昨日の「ヤンキース-マリナーズ」の試合。

Mla0908141726016p1 観ていたのだが、ヤンキースの一方的な試合だったんで、後はイチローのパフォーマンスを観るしか楽しみがなかった。

松井秀が右中間に大きなあたりを放った。

イチローがフェンスをよじ登ってグラブを差し出す・・・。

ほぼ完璧に、ホームランをもぎ取る形だった。

Mla0908141519014p1 (・∀・)イケた!

しかし、そこには隠れキャラのおやじが!! 

Σ(・д・ノ)ノ ひぇ~!!

ボール横取りしちゃったよ( ´Д`)

おっちゃん、何やっとんねん!!(-_-メ)・・・

→ SANSPO.com

| | コメント (2) | トラックバック (0)

column:リラックマ モバイルノートパソコン

以前話したように、パソコンについては、自作するのを卒業してしまったので、

「次はどんなパソコンにしようかなぁ?( ̄。 ̄)」

と迷っていた。

メインで使用するパソコンが徐々に絞られてくるにつれ、それを補助する役割を持つウルトラモバイルパソコン(UMPC)が気になってきた。

コレは自分の考えだけど、PCは2台持っておいた方がいい。

片方が壊れた時、もう片方で何かといろいろ調べるのに役に立つからだ。

で、最近になり、家電屋に行っては、

「キーの叩きやすい機種はどれなんだろう・・・( ̄。 ̄)」

といぢったりしている。

さて、そんな中・・・

こういうのがあるのは知っていた。

知っていたけど、最近になりめっちゃ気になり始めた(;^_^A。

それは「リラックマ モバイルノートパソコン」(*´Д`*)。

詳細は以下に写真、リンクを張ります。

バンダイナムコ、“リラックマ”デザインのAtom搭載ミニノート発売

LaLaBit Market

L_si_kuma01
L_si_kuma02
L_si_kuma03

専用ケースまで付いてるらしいので

「ええなぁ・・・(*´Д`*)・・・コレ・・・」

なんて思う。

ただ・・・(´・ω・`)

まぁ、家でゴソゴソする分には何ら問題ないんだけど、さすがに性別、年齢がら、人前でこのパソコンをノソっと取り出して、ネットを始めたりする勇気がなかなか出てこないのは正直なところ(;^_^A。

ちょっと、デザインがカワユス(*´Д`*)。

リラックマのデザインの中で、一番のお気に入りは、昔のトートバック。

003_r コレは、家にあるモノ。

このデザインが、シンプルですっごく気に入っている。

これをベースにシックなパソコンを作ってもらうと真っ先に飛びつくと思う。

リラックマの商品開発関係者の皆さん、考えてはいただけませんかねぇ・・・(;^_^A。

ちなみに、最近ではこんなパソコンもあったりします・・・

( ̄□ ̄;)!!って感じですねぇ。

“ガチャピン&ムック”仕様のミニノートを受注生産で販売――バンダイネットワークス

L_si_pon01_r_2

L_si_pon02_r_2

ASUSが子供向け「DisneyミニノートPC」を発表

L_ah_netpal1_r_2

やっぱり、以前申し上げた通り、パソコンはファッションの一部となりつつあるように思います・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

photo:夏風

2階の我が部Img_0009_r屋は暑くて仕方がない。

ある程度風は通るが、「暖かい空気は2階に溜まる」を実践しているような感じだ。

写真みたいな感じの風が吹けばいうことないのだが・・・(写真で風を表すのは難しいです)

さて、夏風といえば、昨日は大きく民主党に風が吹いた。

自民党にとっては、暴風か。。。

永田町は台風上陸だな。

永田町とは違い、四国は今日も晴れ。

風も弱い。

蒸し暑い。

32度はいきそうだ。

セミが鳴いている。

こんな日は、外に出て行ってクルマの中や、店の中で涼むに限る。

昨日もオークションで衝動買い。

クルマのグッズとカメラのレンズ。( ´Д`)

クルマのオプションももう買うものはない。

カメラに関しても大きく入れ替えた。

「気ままなお買いもの」ももうそろそろ打ち止め。

さて、家にいても暑いから、出かけることにしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

column:自作パソコン卒業 (4)  ~ 自作パソコンに挑戦しよう ~

なぜ、こんなところで改めて、

「自作パソコン辞めますわぁ~」

なんていうのか?

他の人に言わせてみれば、

「勝手にすれば?」

っていう話であるが、今回のこの行動の変化っていうのは、自分にとってはかなり大きいことなのだ。

私だけに限らず、実際、ネットを見ていても、自作パソコンを辞めたと記述している人間は少なからず見受けられる。

なぜそうなってきたのか?

前にも話したように、年末、Windows7というものが発売される。

これは、今までのWindowsとは意味合いが大きく異なる。つまり、

「さらに一歩、パソコンが家電に歩み寄る。」

という意味で、以前のWindows95程度のインパクトを持ったOS(オペレーティングシステム)になると思っている。

そんな背景もあって、今、この15年間私がパソコンへどう接してきたか?をまとめることは、非常に意義があるものと思い、今回いままでのパソコンに対する考え方を書かさせてもらった。

あと、今回、自作パソコン撤退にあたり、大きな流れでの、

「自作パソコン経験談」

みたいなものが、あんまり、ブログの中でも書かれていないように思われたので、

「自作パソコンの世界ってどんなもの?」

を大まかにまとめて書いておくことで、今後、

「自分でパソコン作ってみようかな?」

と、思っている人がいれば、その人たちに、「多少なりとも参考になれば・・・」と思い、おこがましくも書かさせてもらった次第である。

自作パソコンは結構面白いし、オーバークロック(私はしなかったが)まで踏み込むと、実に奥の深い世界だ。(イン・ドア系で多少暗いイメージはあるが・・・)

最近では、低価格で自作パソコンも組み立てられるようになった。

また、自作の方へも、

「カッコイイ形のパソコンケース」

も少なからず見受けられる。

自作パソコンも、生き残りをかけて、Windows7に合わせて、多様化、多機能化していくように思う。

私は、この辺で、自作パソコンについては足を洗うが、まだ未経験の人は試しに一度自分好みのパソコンを作ってみたらいいと思う。

動いたとき、結構感動するし、愛着も沸く。

そうする時のポイントとして、、

1.ショップの人間を味方につけて、いつでも相談でき、いつでも持ち込めるようにしておくこと。

2.もう一台パソコンを用意しておいて、わからないことが出たら、すぐにネットで調べられるようにしておくこと。

この2点を準備しておけば、必ず、誰でも自分好みのパソコンを組み立てることができる。

一台、自分でパソコンを組み立ててみれば、パソコンの見方が大きくに変わることは確かだし、前にも言ったように、パソコンを、今よりさらに便利に使いこなすことができるようになるハズである。

**********************************

長い文章を書くってなかなか大変だ。

私は、作文力がもともとないもので、こういう機会を使いながら、文章の能力を上げていこうと思ってたりする。

ブログって、使い方によっては「作文能力を高める道具」として使えるような気がします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回より、また写真とコラムのいつものブログに戻ります。

(おわり)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

column:自作パソコン卒業 (3)  ~ パソコンはファッション ~

最近のパソコンは、「一家に一台」どころか、「一人に数台」の世界になった。

大学時代に30万円も出してデスクトップパソコンを買ったのが、バカみたいな話だ。

結局は、ハード面においてもソフト面においても、

「誰でも使えなければならない家電製品・道具」

になった。

いちいち、クルマを運転する際、

「コレはどういう原理で動いているんだろう?」

なんて考えなくても、クルマは操作でき、動くように、

「パソコンはどうやって動いているんだろう?」

などを考えなくても、パソコンは動かなければならないモノになってしまった。

これが

「パソコンの大衆化」

だと思う。

クルマが壊れりゃ、ディーラーに頼めば直してくれるように、パソコンが壊れりゃ、メーカーに修理を頼めばいい世界になった。

もちろん、クルマであれば個人的メンテナンス(オイルチェック・タイヤの空気チェック等)があるように、パソコンの場合はデーターの定期的バックアップ等といった、必要最低限の知識は、いつまでたっても求められることはいうまでもない。

ここ数年で、メーカー製のパソコンも安くなり、性能も良くなった。

おまけに、カッコ良くなった。

保証のシステムも充実してきた。

買い替え時の買い取りも保障されるようになり、非常に便利になってきた。

逆に、自作のパソコンは、大きくて、重く、保証も効きにくい。

おまけに、買い替えるとなると、パーツごとに買い取りとなり、買い取ってくれる店舗も限られてくるので、非常に使い勝手が悪い。

まぁ、今の私のライフスタイルに合わなくなってしまったのは確かだ。

これからのパソコンの条件としては、安定性とかは当り前で、

・カッコイイこと

・スマートであること

・どこでも使えること

・簡単であること

・誰でも使えること

・安全であること

・リサイクル商品なので買い替えがスムーズであること

が重要になってくる。

この辺になってくると、もはや、ホビーの領域ではなく、家電、ファッションの領域だ。

そういういきさつが、パソコンに対する視点を、

「作るのが楽しいホビーとしてのパソコン」

から、

「買うのが楽しい道具としてのパソコン」

へ大きく変化させた。

今後は、何のパソコンを買おうか?

今回の購入は、

「道具としてのパソコンを買う楽しみ」

を味わおうと思っている。

現在検討中っであるが、おおむね、ノートパソコンを買うことは決まっている。

某パソコンショップの店員が、

「もう、あんまりデスクトップに固執しなくても、良くなってきましたね。」

というほど、ノートパソコンの性能も上がってきている。

ノートパソコンの一番の魅力は、やはり省スペース。

これに勝るものはない。

BTO(Built to Order)にするか、メーカー製にするか?迷う。

まぁ、迷っている時が一番楽しいのだ。

Windows7は年末だ。それまでにカッコいいヤツを決めればいいと思っている。

ここまで書いてくると、

「自作パソコンってそんなにいいことないじゃん!」

と思われる人が多いと思う。

ただ、私は自作パソコンを否定するつもりは全くない。

私は、一度でも組み立てた経験がある人とそうでない人を比べてみれば、組み立てた経験がある人の方が、どんなパソコンであろうと、より奥深く使いこなすことができると思っている。

私に関して言えば、

「自作パソコンには飽きてきたし、十分経験したから、もういいや・・・」

っていう気持ちと、

「私のライフスタイルに、自作パソコンそのものが合わなくなってしまった」

だけの話なのだ。

そこで、次回、

「自作パソコンを経験しよう!」

で話をまとめます。

(→つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)