« photo:暑い赤信号 | トップページ | photo:うろこ雲 »

column:ネット死語

そういや見なくなったなぁ。

知らぬ間に自分も使わなくなった。

こういうのって、落ち着くところに落ち着くんだねぇ。

不思議だ( ̄_ ̄)・・・。

****************************

芸人さんのはやりひとつをとってみても分かるように、時代の流れはどんどん速くなっていますよね。先月はやっていた言葉が、今はちょっと恥ずかしい言葉、というのはよくある話です。インターネットの世界も同様で、最近あまり使われなくなった、もしくは使っているとちょっと恥ずかしいネット用語は何か?  500人のインターネットユーザーの意見を集めてみました。


まずは少数意見ながら、ぐっと来たネット死語を集めてみました。皆さん、いくつ知ってますか?

■IT革命
 →実に懐かしい。ITはインフォメーションテクノロジーの略。

■gdgd
 →"ぐだぐだ"の意。JK=常識的に考えて、kwsk=詳しく、などに比べて使用頻度が減ってますね

■(語尾に)~だお。 
  →これも懐かしい。個人的には、中川翔子が使っていたイメージが強いです。

■ノシ
 →手を振っているところを意味する簡単なアスキーアート。さようなら、という意味。

■ハァハァ
 →興奮を示す。"萌え~"とともにあまり使われなくなっております。

■ワロス、バロス
 →笑う、爆笑する、を意味する言葉。

■どうみても××です。本当にありがとうございました。
 →××を強調する意図に使用される。特に2chではよく使われておりました

■㌧クス
 →トンクス→ありがとうを意味する

■ISDN
 →ダイヤルアップの次の世代の接続方法。その後ADSL、光へと日本のネットはどんどん速くなった。

■インテル入ってる
 →これは素晴らしく懐かしい!

■プギャー
 →本来は"m9(^Д^)プギャー"などと表現。あざ笑っている様子。

■またーり
 →主に掲示板などで、荒らしや激しい議論がない状態でレスが進行すること

■マンセー
 →バンザイ。

■ユビキタス
 →面倒な接続方法を経ずに、誰でもネット接続できる状況を意味する言葉

■漏れ
 →オレ。落ち着け→もちつけなど、なぜかネットは"お"が"も"に訛る。

■うはwwwwwwwwwww。
 →このようなwの連続使用は、だんだん減ってきました。

さて、懐かしい言葉がたくさん登場しましたが、読者アンケートによる投票結果ベスト10は以下でした。

1位 キター!  < キターー(゜∀゜)ーー! などバージョン違い含む> 36票

2位 キボンヌ 15票

3位 orz 12票
   萌え 12票

5位 オマエモナー、モナー 9票
   逝ってよし 9票

7位 (藁)、ワラ 8票

8位 ダメポ、ヌルポ、もう駄目ぽ、 7票
   香具師 7票

10位 ネチケット 6票
   ネットサーフィン 6票

「orz」など今も使われていそうな言葉から、ネットサーフィン、キボンヌなど確かにあまり見なくなったものまであれこれ。ベスト10の言葉は有名だと思いますので説明を省きますが、用語の意味が分からない人はggrks!(ググれカス=面倒くさいのでグーグルで検索して調べてください、を意味するネットスラング)

(梅田カズヒコ/プレスラボ)

→ http://news.ameba.jp/cobs/2009/08/43797.html

|

« photo:暑い赤信号 | トップページ | photo:うろこ雲 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165544/31089265

この記事へのトラックバック一覧です: column:ネット死語:

« photo:暑い赤信号 | トップページ | photo:うろこ雲 »