« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

photo:仲良し3羽組

この3羽のツバメ、いつも一緒だ。

050_r たぶん同じ3羽だと思う。

実家の周りで、いつも仲良く寄り添っている。

電線にとまって休憩中しているとき、風が吹いて、電線が大きく揺れた。

声に表すと、

「うわ~!!!!」

って感じ。

ツバメはこうやってバランスをとるんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

column:「WILLCOM CORE 3G」端末を朝まで使ってみたぞ(^o^)!

いかん((+_+))

不覚にも「朝まで生テレビ」を観てしまった。

「貧困」がテーマだったからな。

無職のおれも危ういな(+o+)。

というわけで、眠い・・・(-_-)zzz。

おまけに慢性的な肩こり。

時間を決めて、パソコンに向かおうと思う。

制限しないとだめだ。

さて、「WILLCOM CORE 3G」に速度について・・・

下り回線速度は、やっぱり朝方が一番速い。

●5/27 5:00

1.445Mbps (180.7kByte/sec)
1.854Mbps (231.8kByte/sec)
1.694Mbps (211.8kByte/sec)

昼は遅いな。

●5/27 14:30

292.8kbps (36.60kByte/sec)
480.8kbps (60.10kByte/sec)
178.6kbps (22.32kByte/sec)

測定サイトは・・・→Radish Network Speed Testing

それなりにスピードが出てるんで、このまま様子見ていこうと思っている。

ブラウザ、メールまでなら、これ以上のスピードはいらない。

さすがにFOMAのエリアだけあり、電波の届く範囲も広い。

安定して受信できるので、PHSみたいにいきなり回線が切れることもない。

大きな写真の表示になれば、重く感じる時があるが、まぁ我慢できる範囲。

動画とかになれば、話は変わってくるだろうけど、今の私の使い方から、この環境で何ら問題ない。

こうなると、AIR-ADGEには戻れないと思う。

これで、8月まで使い放題。

9月以降も使わなければ980円、めいっぱい使っても7000円弱。

年末にかけては、有線系で接続予定だから、この端末は、ネットパソコン用になると思う。

Willcomはこの3Gを、

「実測10Mbpsを超えるWILLCOM CORE XGPが出るまでのつなぎ」

としている。

まぁ、将来のことはわかりません。

とりあえず、現状は満足(*^_^*)。

もうこの辺で、測定ごっこは終わりにします。

ええ加減、疲れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

column:「WILLCOM CORE 3G」端末を夜中に使ってみたぞ(^o^)!

やれやれ。

┐(´д`)┌はぁ・・・。

流れでこんな時間になってしまったので、夜中に「WILLCOM CORE 3G」の下りのスピードを測定してみたぞ( ´Д`)。

1回目  1.186Mbps (148.2kByte/sec)
2回目  743.1kbps (92.88kByte/sec)
3回目    630.0kbps (78.75kByte/sec)
4回目  585.9kbps (73.24kByte/sec)

測定サイトは・・・→Radish Network Speed Testing

やっぱり、混む時間帯と比べて速くなっている。

(^^)/▽☆▽\(^^) かんぱーい!

もっと速くなる可能性はあるのかなぁ?

初心者的な質問で申し訳ないんですが、今ってプロバイダーはPRINなんだとおもうけど、PRINのバックボーンって速度に表れたりするんでしょうか?

どのくらいの人間が今回この端末購入したのかわからないけど、今日は端末が届いた日だから、みんな使ってそうだ。

っていうことは、回線は混んでるってこと?

的違いな質問であれば申し訳なく・・・(;^_^A

なにはともあれ、とりあえず、速く感じながら使えてるので、問題なさそう。

これで肩こりも多少治るかな(^o^)。

どこでも、ネットできるから、ネットPCが欲しくなるね~。

さて、寝よう( ̄_ ̄)Zzz・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

column:「WILLCOM CORE 3G」端末が来たぞ(^o^)!

というわけで、細かなことは抜きにして、接続してみた。

ソフトのほうは、インストールについては何にも問題なく行えた。

モデム本体のほうは、最初FOMAカードを差すのを忘れて、

「なぜ動かぬ!」

とひとりで騒いでたのが少し恥ずかしかった(;^_^A。

013_r

手前 「AIR EDGE PRO AX530IN」 → 取り外してる。

奥   「WILLCOM CORE 3G HX003ZT」 → 光ってる!!

速度に関して。

最初は、

「はえ ー ( ̄□ ̄;)!!さすが、FOMA ハイスピードの 実力(ジツリキ)!」

って驚いていたんだが、前日と同じように、測定してみると、

下り=182.7kbps (22.83kByte/sec 21:00時点)

あれ?そんなに速くないな。( ̄_ ̄)・・・

まぁ今までが遅すぎたのか・・・。

そんなに速くないって言っても、昨日に比べると2~3倍速くなっている。

そりゃ、速く感じるわけだ。

とりあえず、少し使ってみた大まかな感想としては、

「十分な速さ。結論はもう少し使ってみてからにしよう、と思わせるだけのレスポンス(^o^)。無問題。」

だ。

さて、これで、8月末まではタダでネットが使える。

AIR EDGE関係の契約を解除しておかないと。

”AIR EDGE PRO AX530IN カード”が余った。

今でも新品電器屋で買うと4,5万円すると思うが、箱もないし中古屋も引き取ってくれないだろうな。

どうするか・・・(´ヘ`;) う~ん・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

column:「WILLCOM CORE 3G」端末が来るぞ(^o^)!

さて、いよいよ

『WILLCOM CORE 3G』

がスタートする。

ウィルコムストアから、

「端末発送したぜ!」

というメールが届いていた。

今日あたり届くかな。

今の環境はあまりに遅すぎるな( ´Д`)。

今日下りスピードを測ってみたら、23時あたりで60kbpsも出てない始末。

(´ヘ`;) う~ん・・・

1:30で85kbps。

よく使ってるよ、まったく。

ISDNのスピードだもんなぁ。

クリックして待ってると肩こる( ´Д`)。

測定サイトは・・・→Radish Network Speed Testing

とりあえず、届いたら、さっそく使ってみましょう。

わあい\(^▽^\)(/^▽^)/わあい って感じで、速くなればいいなぁ。

こんな記事を見つけたので、リンクを張っておきます。

【最速テスト】WILLCOM CORE 3Gはアレより魅力的!?  by ASCII.jp編集部

| | コメント (0) | トラックバック (0)

photo:夏近し

さすがに暑くなってきた。

001_r_6 田植えも終わり、準備万端ってところか。

ただ、空の青さ、入道雲の力強さはまだまだって感じ。

また、梅雨だというのに、雨が少ない。

来週まで、晴れの天気だそうだ。

私の街はそうでもないが、四国のほうは、水不足だ。

いまだに思うことは、気象台?は何を基準に

「梅雨に入った」

と宣言しているのだろうか?

「梅雨入り宣言」以降、四国のほうは明らかに晴れが多い。

今のところ、ハズレだと思う。

なんかいい加減な気がする。

誰か責任取るくらいの気合で、宣言してほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

column:自作パソコン卒業 (4)  ~ 自作パソコンに挑戦しよう ~

なぜ、こんなところで改めて、

「自作パソコン辞めますわぁ~」

なんていうのか?

他の人に言わせてみれば、

「勝手にすれば?」

っていう話であるが、今回のこの行動の変化っていうのは、自分にとってはかなり大きいことなのだ。

私だけに限らず、実際、ネットを見ていても、自作パソコンを辞めたと記述している人間は少なからず見受けられる。

なぜそうなってきたのか?

前にも話したように、年末、Windows7というものが発売される。

これは、今までのWindowsとは意味合いが大きく異なる。つまり、

「さらに一歩、パソコンが家電に歩み寄る。」

という意味で、以前のWindows95程度のインパクトを持ったOS(オペレーティングシステム)になると思っている。

そんな背景もあって、今、この15年間私がパソコンへどう接してきたか?をまとめることは、非常に意義があるものと思い、今回いままでのパソコンに対する考え方を書かさせてもらった。

あと、今回、自作パソコン撤退にあたり、大きな流れでの、

「自作パソコン経験談」

みたいなものが、あんまり、ブログの中でも書かれていないように思われたので、

「自作パソコンの世界ってどんなもの?」

を大まかにまとめて書いておくことで、今後、

「自分でパソコン作ってみようかな?」

と、思っている人がいれば、その人たちに、「多少なりとも参考になれば・・・」と思い、おこがましくも書かさせてもらった次第である。

自作パソコンは結構面白いし、オーバークロック(私はしなかったが)まで踏み込むと、実に奥の深い世界だ。(イン・ドア系で多少暗いイメージはあるが・・・)

最近では、低価格で自作パソコンも組み立てられるようになった。

また、自作の方へも、

「カッコイイ形のパソコンケース」

も少なからず見受けられる。

自作パソコンも、生き残りをかけて、Windows7に合わせて、多様化、多機能化していくように思う。

私は、この辺で、自作パソコンについては足を洗うが、まだ未経験の人は試しに一度自分好みのパソコンを作ってみたらいいと思う。

動いたとき、結構感動するし、愛着も沸く。

そうする時のポイントとして、、

1.ショップの人間を味方につけて、いつでも相談でき、いつでも持ち込めるようにしておくこと。

2.もう一台パソコンを用意しておいて、わからないことが出たら、すぐにネットで調べられるようにしておくこと。

この2点を準備しておけば、必ず、誰でも自分好みのパソコンを組み立てることができる。

一台、自分でパソコンを組み立ててみれば、パソコンの見方が大きくに変わることは確かだし、前にも言ったように、パソコンを、今よりさらに便利に使いこなすことができるようになるハズである。

**********************************

長い文章を書くってなかなか大変だ。

私は、作文力がもともとないもので、こういう機会を使いながら、文章の能力を上げていこうと思ってたりする。

ブログって、使い方によっては「作文能力を高める道具」として使えるような気がします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回より、また写真とコラムのいつものブログに戻ります。

(おわり)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

column:自作パソコン卒業 (3)  ~ パソコンはファッション ~

最近のパソコンは、「一家に一台」どころか、「一人に数台」の世界になった。

大学時代に30万円も出してデスクトップパソコンを買ったのが、バカみたいな話だ。

結局は、ハード面においてもソフト面においても、

「誰でも使えなければならない家電製品・道具」

になった。

いちいち、クルマを運転する際、

「コレはどういう原理で動いているんだろう?」

なんて考えなくても、クルマは操作でき、動くように、

「パソコンはどうやって動いているんだろう?」

などを考えなくても、パソコンは動かなければならないモノになってしまった。

これが

「パソコンの大衆化」

だと思う。

クルマが壊れりゃ、ディーラーに頼めば直してくれるように、パソコンが壊れりゃ、メーカーに修理を頼めばいい世界になった。

もちろん、クルマであれば個人的メンテナンス(オイルチェック・タイヤの空気チェック等)があるように、パソコンの場合はデーターの定期的バックアップ等といった、必要最低限の知識は、いつまでたっても求められることはいうまでもない。

ここ数年で、メーカー製のパソコンも安くなり、性能も良くなった。

おまけに、カッコ良くなった。

保証のシステムも充実してきた。

買い替え時の買い取りも保障されるようになり、非常に便利になってきた。

逆に、自作のパソコンは、大きくて、重く、保証も効きにくい。

おまけに、買い替えるとなると、パーツごとに買い取りとなり、買い取ってくれる店舗も限られてくるので、非常に使い勝手が悪い。

まぁ、今の私のライフスタイルに合わなくなってしまったのは確かだ。

これからのパソコンの条件としては、安定性とかは当り前で、

・カッコイイこと

・スマートであること

・どこでも使えること

・簡単であること

・誰でも使えること

・安全であること

・リサイクル商品なので買い替えがスムーズであること

が重要になってくる。

この辺になってくると、もはや、ホビーの領域ではなく、家電、ファッションの領域だ。

そういういきさつが、パソコンに対する視点を、

「作るのが楽しいホビーとしてのパソコン」

から、

「買うのが楽しい道具としてのパソコン」

へ大きく変化させた。

今後は、何のパソコンを買おうか?

今回の購入は、

「道具としてのパソコンを買う楽しみ」

を味わおうと思っている。

現在検討中っであるが、おおむね、ノートパソコンを買うことは決まっている。

某パソコンショップの店員が、

「もう、あんまりデスクトップに固執しなくても、良くなってきましたね。」

というほど、ノートパソコンの性能も上がってきている。

ノートパソコンの一番の魅力は、やはり省スペース。

これに勝るものはない。

BTO(Built to Order)にするか、メーカー製にするか?迷う。

まぁ、迷っている時が一番楽しいのだ。

Windows7は年末だ。それまでにカッコいいヤツを決めればいいと思っている。

ここまで書いてくると、

「自作パソコンってそんなにいいことないじゃん!」

と思われる人が多いと思う。

ただ、私は自作パソコンを否定するつもりは全くない。

私は、一度でも組み立てた経験がある人とそうでない人を比べてみれば、組み立てた経験がある人の方が、どんなパソコンであろうと、より奥深く使いこなすことができると思っている。

私に関して言えば、

「自作パソコンには飽きてきたし、十分経験したから、もういいや・・・」

っていう気持ちと、

「私のライフスタイルに、自作パソコンそのものが合わなくなってしまった」

だけの話なのだ。

そこで、次回、

「自作パソコンを経験しよう!」

で話をまとめます。

(→つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

column:自作パソコン卒業 (2)  ~ 自作するメリットって? ~

「パソコンに対する見方を変えよう!」

さて、どのように変えるかというと、

「作るのが楽しいホビーとしてのパソコン」

から

「買うのが楽しい道具としてのパソコン」

へだ。

なぜこのような結論になったのか?

この答えを導き出すには、

「パソコンを自分で作るメリットってなんだろうか?」

という疑問を解消する必要があった。

パソコンを自作するメリットを、「予算」と「面白さ」の2つに分けて考えてみる。

[1] 予算的なメリットは?

最近は、特定プロバイダー契約を条件に100円パソコンなんて出ている。

携帯に便利ないわゆる、ネットブックパソコン(=Ultra-Mobile PC(UMPC))だ。

インターネットとメールを読むくらいならこれで十分。

そう考えると、昔みたいに、

「パソコンを自分で作ると安くあがる」

という時代は終わったと言っていいと思う。

[2] 作る楽しみとしてのメリットは?

これは、結論から言って、楽しい。

経験的に言って、自分の好みのスペックのパソコンを作り上げるのは楽しいのだ。

メリットは十分にある。

今後も自作パソコンは残っていくはずだが、その理由は、この一点になっていくだろう。

ただ、私に関して言えば、作る楽しみ自体が完全に失せてしまった。

新鮮味がなくなってしまったのは確かだが、それだけではない。

ここからは、自分の個人的意見になる。

「なぜ、自分でパソコンを作るのですか?」

と質問されれば、私の場合、

「最低限の予算で、できるだけ長く使うことができる、自分好みのパソコンを手に入れることができるから。」

と答える。

最近までは、Windowsは3年周期で新しいバージョンがリリースされてきたが、そのたびに、パソコン側でパワーアップが求められた。

それは、イコール、パソコンの買い替えを意味していた。

私は、そんな買い替えをしないで済むよう、自作パソコンの世界に入った。

その時の自分のパソコンが、次のWindowsの要求スペックを満たしていないのならば、

メモリーを増やす

CPUを換える

・最終手段はマザーボード交換

を実行することで、無駄な出費を抑えつつ、次のWindowsを動かすことができた。

そうやって、安く、長く使えるパソコンを作り上げることには、かなりの優越感があった。

この優越感を目標に、自作パソコンを行ってきたと言っていい。

しかしながら、この年末に発売が予定されている、Windows7においては、

「昔のパソコンでも軽々動きまっせ!」

というのが大きな触れ込みだ。

どうも、Windowsにおいては、ハイスペックを求められる時代は終わったようだ。

事実、WindowsVistaはそれで失敗した。

使う側から言わしてもらえば、WindowsXPでもう必要十分の機能を手に入れてしまった。

Windows7へのバージョンアップは、いろいろあるが、結局のところ、外見上、

「WindowsXPに加えて、システムの安定強化と操作性の向上、およびセキュリティへのテコ入れ」

だ。(もちろんそのために、内部のプログラムは大幅に変更されている)

WindowsXPの”継ぎはぎ”だらけのプログラムでは、もうごまかせなくなった。

かといって、WindowsVistaでは重すぎる。

そこで、Windows7の登場となる。

このWindowsは、ハードウェアへの要求スペックがWindowsVistaと同等だ。

Windowsのメジャーアップデートで、こんなことは今までなかった。

今XPが動いているパソコンであれば、ほとんどの場合動作するのではないだろうか?

次世代のオペレーティングシステム(OS)の必要なものとして、Microsoftが出した答えがWindows7のようだ。

それは、

・物質的にも、ソフト的にも軽いこと

・安全で安定であること

・機能の選択化

・できるだけ環境的に優しいこと

である。

Windows7にて、要求されるハードウェアのスペックは頭打ちになる。

もちろん細かなところは改善されてくるが、Windows95→98→XP→Vistaにおけるバージョンアップみたいな、

「このスペックじゃないと動きませんよ」

ということはなくなってしまう。

結局、私にとってみれば

「自作の優越感」

が、Windows7の登場で終わりになってしまいそうなのだ。

そういう意味で、作る楽しみもなくなりそうだ。

[1][2]から、自分にとってはもう自作パソコンのメリットって無いに等しくなった。

さらに、最後に、

「最近のパソコンの大衆化」

が自作終了に追い打ちをかけることになった。

(→つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

column:自作パソコン卒業 (1)  ~ 興味からホビーへ ~

今日は写真はないです。(^o^)
今では、当たり前になっている、名前の意味をもう一度確認しながら読むと、ちょっとパソコン(Windows)の歴史がわかるかも・・・
わかんねーか。。。
(* ̄m ̄) ププッ

*****************

私が初めてパソコン(パーソナルコンピューター)を触ったのは、15年くらい前。

大学の授業でプログラムの授業があったときだった。

Fortranと呼ばれる言語を習った覚えがある。

必須科目だった。

当時のパソコンへの接し方といえば、キーボードのキー配列はもとより、授業なんて全くわかるはずはなく、キーボードを見て、

「このキー押すと、ぶっ壊れるじゃないのか?」

という

「ワケわかんねー!」

といった、”?”の印象しかない。

ただ、パソコンに関しては、非常に興味があって、とても欲しかったので、ほどなく購入することとなる。

初めて買ったパソコンは、NEC98(いわゆるキューハチ)

30万円もお小遣いを叩いて買ったにしては、全く使えなかった。

というより、使いにくくて仕方がなかった。

MS-DOSで環境を整えて、”一太郎”を動かしてハイ満足・・・って感じ。

でも、結構楽しかった。

MS-DOSの黒い画面を見つつ、Config.sysAutoexec.batっていうファイル書き換えて、

「いかに、この使いにくいパソコンを、使いやすくするか?」

を目標に、雑誌を読み漁り真似した。

よく読んでいた雑誌は、「EYE-COM」(アイコン;現 週刊アスキー)

その半年後、Windows95(Microsoft Windows95)というものが世に出ることになる。

俗にいう、パソコンブームだ。

でも、当時出たWindows95ってヤツは、やっぱりMS-DOSの知識が活躍するところも大きかった。

最近のWindows(Microsoft Windows)のようなことはなく、

「どんなソフトが順番に動いていって、Windowsが立ち上がっているのか?」

がプログラム初心者でもついていけたし、よくわかった。

必要となれば、自分で手を加えて、プログラムを書き換えて、環境を良くする楽しみも色濃く残っていた。

まぁ、今のWindowsでも、見る人が見ればわかるだろうし、プログラムも改造できるんだろうけど、そこまで深くは踏み込む気はない。

補足して言えば、インターネットが普及し始めたのもこの時期になり、面白さに拍車をかけることになる。

同じようなことが、当時の自作パソコンにも言える。

自分でパソコンを組み立て始めたのは、14年くらい前。

あの時は、自分でパソコンを作り上げるほうが、性能も予算に合わせて組み立てられたし、トータルコストは安かったし、なにより楽しかった覚えがある。

まぁ、要するに、ホビー感覚の要素が大きかった。

NEC98を買ってから、自作パソコンを買うまでのこの15年間、今まで、パソコンを

「勉強する」

といった感覚で触ったことがないのは、こういった楽しさがあったためだ。

しかしながら、ここにきて、私はパソコンに対する接し方を大きく変えよっかなぁ~と考えている。

(→つづく)

*文章書くには肩がコル( ´Д`)・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

photo:あたたかく・・・

前住んでいた近くの公園。

Img_0114_r 若い夫婦が芝生の上でフリスビー。

愛犬ともどもまったりと時間を過ごしてます。

それを、お歳をめした散歩中の夫婦が、温かく見ています。

こういうのって、いいですね。

わたしもそうなれるよう努力しようと思ってはいます( ´Д`)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

column:またVitzのCMが流れはじめた(・_・)?

昨年秋ごろがら流れていたCMが、また流れはじめた。

確かに今日観た。

でもトヨタのHPには

『公開期間:2008/09/26~2009/03/25で終了』

と書かれてあった。

なんのこっちゃ( ̄_ ̄)・・・。

何のCMかというと、田中麗奈さんとリラックマの共演のVitzのCMね。

(→改めて『ウィキペディア(Wikipedia)』参照)

Source_vitzcm_rsan-x

toyota.jp

YouTube

あのCM観るとVitzに乗りたくなる。

あと、ホットケーキが食べたくなるわ(^o^)。

クルマに関しては、事実、「Vitz」と「まったりキューブくん」と「スイフト」でかなり悩んだ経緯がある。

Vitzは1500のRS。

Vitzrs_r 23,000km走行の中古で、程度がかなりイイものがあった。

ただ、今乗ってるキューブより、30万円ほど高かった。

私の「まったりキューブ君」は新古車という程度であり、最新ナビも付いていたので、単純に走行距離だけ見ても、なんとなく割が合わなかった。

あと、最近になって、ガンガン走るというより、まったり走行するクルマが欲しくなったこともあった。

で、結局VitzRSは辞退。

スイフトは何となく自然消滅。

それで、今では「まったりドライブ」を楽しんでたりする。

でも、Vitzに関しては確かに興味をそそられるクルマであったのは確かだ。

10年若けりゃ乗ってたかもね(^o^)。

Vitzは次のモデルチェンジでは、おそらくハイブリッドになるんだと思う。

ホンダのFitがハイブリッドになるだろうからそれに対抗した感じだ。

トヨタとホンダはハイブリッドで「エコの波」に乗った。

「まったりキューブくん」の日産はどーなる?

(´ヘ`;) う~ん・・・心配。

それにしても、今日のCMはなんだったんだろう(・_・)?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

photo:「いい場所」

渓流釣り。

Img_0085__r 以前住んでた街で、2年前に撮った写真。

15分も歩けば街の中心に出ることができる。

おそらく、今年もこんな風景が見られてるんじゃないかと思う。

水がとうとうと流れている。

水不足の松山から見れば、うらやましいことこの上ないだろう。

それにしても、釣れる「いい場所」求めて大混雑。

釣りって、渓流も海釣りも一緒で、まず「いい場所」取りからスタートする。

ただし、「いい場所」を取ることが、釣果を上げる絶対条件じゃないのは確かだ。

場所を取ったら、そこからは、テクニックになる。

やっぱり、うまい人は場所が悪くてもそれなりの結果を残す。

まぁ、うまい人は、それなりに「いい場所」の取り方も知ってたりする。

”「いい場所」取り”も実力のうちなんだろうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

column:ケイタイ料金に、( ̄▽ ̄;)!!ガーン

昨日、ケイタイ(Docomo)の現在の使用料金を見ると、無料通話分が多く貯まっていた。

間違えていたら申し訳ないが、たぶんこんな感じなんだと思う。

私は

【タイプSバリュー&パケットパック30】

にはいってたので、毎月5,000円は無料通話分が発生する。

おまけに、その繰り越しが2ヶ月できるから、最大

5,000円×3ヵ月=15,000円

貯めることが可能で、それは、通話にもパケット通信にも当てることができる。

昨日見ると、その貯金がトータルで12,000円ほど余っていた。

今月中に最低2,000円はパケット通信消費をしないといけない。

「このままじゃ、今月中に使い切らないなぁ( ̄_ ̄)」

と思った。

実は私に関して言えば、そんなにパケット通信をガンガン使う方ではない。

というより、料金過多が恐ろしくて、ビクビクしながら、パケット通信を行っていた。

でも、今回、12,000円も貯金が発生している。

誰でも、少し大金もらえば、行動は大胆になる。

「よし、この機会に兼ねてより気にしていた、着モーション・着メロをガンガン、ダウンロードしよう!(^o^)」

ダウンロードしまくった・・・

おなかいっぱいね・・・

そして、今日、使用料金を見てみると・・・

「どれどれ・・・どれくらい使ったのかな?あと、どれくらい残っているかな?」

・・・

( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ・・・

(;゚д゚)

( ̄▽ ̄;)!!ガーン

余ってたはずの12,000円は、すべて使い果たし、7,000円オーバーになっているではないか!!!

ということは、昨日のダウンロードとか何やらで、19,000円使ったわけ?

( ´Д`) うそ・・・

(´ヘ`;) う~ん・・・

( ̄。 ̄;) ホワイ?

(*´・д・)(・д・`*) エ~・・・

(o_ _)o  もう、ダメ・・・

もう・・・(;ー_ー)ノ壁

しょうがない・・・

・・・

ここは割り切ることに!

(`・ω・´)シャキーン!!

ケイタイ(Docomo)に関してはパケット通信メインで行こう!

その代わり、PHS(Willcom)は通話メインでいく!

結局、ケイタイの方は今日付けでプランを見直した。

【タイプSSバリュー&パケホーダイダブル】

前にも話したように、パケットパックは通話にもパケット通信にも割り当てられるから、結構気に入ってたんだけど、パケットメインじゃ、切り替えた方がいい。

これで、着モーション、着メロはおろか、動画やGPS機能まで、ガンガン使うことができる(はず)。

それにしても・・・それにしても・・・それにしても・・・なんか納得いかん。

ケイタイ関係の料金についてはいつも悩まされる。

難しいんだよね。

毎月の通信費をどのように抑えるかは、私の今後の勉強にかかっている。

っつーか、もっと安くしてほしいもんだなぁ。

高すぎるよ、日本の無線通信は(x。x)゜゜。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

photo:いっぷく

ちょうど4年前、知り合いと飛騨高山に行った。

Img_0081_r クルマで2時間程度だったか・・・。

その時撮った写真。

失敗写真だ。

ボケてるし、構図も傾いて、色も悪い。

Photoshop ELが欲しくなるが、いいフリーソフトないかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

photo:これにしようかしら・・・

かわいいフォトグラファー(´∇`)。

Img_0014_r ただいま、カメラの選定中のようです。

今回、お買い上げのカメラは、一眼レフデジタルカメラのようです。

(^o^)

さすがにさまになってる。

カッコ(・∀・)イイ!!

横にいて、風船を持っている人はお父さんだね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

column:「WILLCOM CORE 3G」スタートです・・・

「WILLCOM CORE 3G」 の個人向けサービスが2009年6月末からスタートする。

http://journal.mycom.co.jp/news/2009/06/03/044/index.html


NTTドコモのFOMAネットワークを利用した高速データ通信サービスだから、基本的に電波が届かない場所はないと言っていい。

今まで、「新つなぎ放題」にて、データカードを使ってネットをしていたのだが、少しスピードが遅いがためにストレスを感じること、加えて将来的にネットパソコンを持った時にも使えることなどから、今回のこのキャンペーンにノッテおいた方が得だと考えた。

もうすこし詳しくお話しすると・・・

ウィルコムは、同社が整備・展開する「XGP」(次世代PHS)サービスを2009年10月より開始する予定。今回の「WILLCOM CORE 3G」は、XGPが全国的に整備されるまでの期間を埋めるサービスとして位置付けられており、2012年12月末までの提供予定となっている。ただし、ユーザーの動向次第では、延長される可能性は「ゼロではない」(ウィルコム広報部)という。同社では「WILLCOM CORE 3G」のユーザーがXGPに円滑に移行できるような施策も検討していく。   →ケータイ Watch

だそうだ。ウィルコムさんも頑張っている。

最近は、私の携帯端末といえば、DocomoとWillcom(PHS)の二刀流になっている。

Docomoは私的な、Willcomは公的なところへ提示する電話番号として使っている。

Willcomはセカンド携帯を持っておくと何かと便利。

このまま持ち続けようと思う。

一方、モバイルネット接続に関してのトレンドとしては・・・

最近はAIR-EDGE(PRO)、イーモバイル、FOMA HIGH-SPEED、PacketWIN、WiMAXから始まって、公衆無線LANまで、さまざまなモバイル通信のサービス合戦が加速し始めている。

それほどのスピードが必要か否かは消費者が決めることだけど、結局行き着くとこまで行くんだろうなぁと感じている。

消費者としては、安くて、ある程度サクサク動いてくれれば、いいんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

photo:まったりと・・・

以前住んでいた近くにあった田んぼの脇で・・・

カモちゃんがまったりとくつろいでいたo(^▽^)o

Img_0003_r_2

結構な幹線通り沿いだったのだが、あんまり動じていなかった。

その後、彼女(メスだよね)はスクッと立ち上がり・・・(・_・)?

Img_0004_r_3

お食事を楽しんでいた  (・∀・)イイ!!。

Img_0025_l_r_2

こういうふうに、何事も動じないでマイペースに暮らしたいわね(^o^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

photo:ヘルシア片手にオークション

以前、最近のストレスの事について話した。

ストレスはストレスで今も続いているようだ。

「買い」と「食い」に走っている。

「食い」は最近諦めている。

欲しい時に食べている。

今日、体重測ったら、また太ってた( ´Д`)。

困ったもんだ( ´Д`)。

もうひとつの「買い」について・・・

008_r 写真は、Yahoo!オークションのアラート設定にともなうメール。

オークションでは、欲しいものの「キーワード」を設定しておくと、その関連した品物が出品された時、その商品をメールにて知らせてくれるといった

「オークションアラート」

という機能がある。

まぁYahoo!に限らず、どのオークションにもあるけど・・・

私は、毎朝6時に、そのメールをまとめて受信できるようにしているのだが、設定しているキーワードが多くなると、ご覧の写真のように、メチャクチャ多くのメールを受信する羽目になる。

これをひとつひとつ見ていくのは、ウィンドウショッピングのようで楽しいのは楽しいのだが、数が多いと、いい加減疲れてくる。

下手すると、受信したオークション商品をひと通り見るために1時間ぐらいはパソコンの前にかじりついている困った状況だ。

でも「やめられない」。

この「やめられない」のが、最近のストレスから来ているのは、自分でも分かっている。

ただ、今みたいなこんな時は流されるしか仕方ないのだ。

変に流れに逆らおうとすると、余計疲れる。

近い将来、いろんな事が噛み合う生活が来る。

そんなことを思いながら、「ヘルシア(特定保健用食品)」片手に、今日も、ウィンドウショッピングをしている。

何かいいモノもの無いかな・・・( ̄_ ̄)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »