« photo:あたたかく・・・ | トップページ | column:自作パソコン卒業 (2)  ~ 自作するメリットって? ~ »

column:自作パソコン卒業 (1)  ~ 興味からホビーへ ~

今日は写真はないです。(^o^)
今では、当たり前になっている、名前の意味をもう一度確認しながら読むと、ちょっとパソコン(Windows)の歴史がわかるかも・・・
わかんねーか。。。
(* ̄m ̄) ププッ

*****************

私が初めてパソコン(パーソナルコンピューター)を触ったのは、15年くらい前。

大学の授業でプログラムの授業があったときだった。

Fortranと呼ばれる言語を習った覚えがある。

必須科目だった。

当時のパソコンへの接し方といえば、キーボードのキー配列はもとより、授業なんて全くわかるはずはなく、キーボードを見て、

「このキー押すと、ぶっ壊れるじゃないのか?」

という

「ワケわかんねー!」

といった、”?”の印象しかない。

ただ、パソコンに関しては、非常に興味があって、とても欲しかったので、ほどなく購入することとなる。

初めて買ったパソコンは、NEC98(いわゆるキューハチ)

30万円もお小遣いを叩いて買ったにしては、全く使えなかった。

というより、使いにくくて仕方がなかった。

MS-DOSで環境を整えて、”一太郎”を動かしてハイ満足・・・って感じ。

でも、結構楽しかった。

MS-DOSの黒い画面を見つつ、Config.sysAutoexec.batっていうファイル書き換えて、

「いかに、この使いにくいパソコンを、使いやすくするか?」

を目標に、雑誌を読み漁り真似した。

よく読んでいた雑誌は、「EYE-COM」(アイコン;現 週刊アスキー)

その半年後、Windows95(Microsoft Windows95)というものが世に出ることになる。

俗にいう、パソコンブームだ。

でも、当時出たWindows95ってヤツは、やっぱりMS-DOSの知識が活躍するところも大きかった。

最近のWindows(Microsoft Windows)のようなことはなく、

「どんなソフトが順番に動いていって、Windowsが立ち上がっているのか?」

がプログラム初心者でもついていけたし、よくわかった。

必要となれば、自分で手を加えて、プログラムを書き換えて、環境を良くする楽しみも色濃く残っていた。

まぁ、今のWindowsでも、見る人が見ればわかるだろうし、プログラムも改造できるんだろうけど、そこまで深くは踏み込む気はない。

補足して言えば、インターネットが普及し始めたのもこの時期になり、面白さに拍車をかけることになる。

同じようなことが、当時の自作パソコンにも言える。

自分でパソコンを組み立て始めたのは、14年くらい前。

あの時は、自分でパソコンを作り上げるほうが、性能も予算に合わせて組み立てられたし、トータルコストは安かったし、なにより楽しかった覚えがある。

まぁ、要するに、ホビー感覚の要素が大きかった。

NEC98を買ってから、自作パソコンを買うまでのこの15年間、今まで、パソコンを

「勉強する」

といった感覚で触ったことがないのは、こういった楽しさがあったためだ。

しかしながら、ここにきて、私はパソコンに対する接し方を大きく変えよっかなぁ~と考えている。

(→つづく)

*文章書くには肩がコル( ´Д`)・・・

|

« photo:あたたかく・・・ | トップページ | column:自作パソコン卒業 (2)  ~ 自作するメリットって? ~ »

趣味」カテゴリの記事

column」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: column:自作パソコン卒業 (1)  ~ 興味からホビーへ ~:

« photo:あたたかく・・・ | トップページ | column:自作パソコン卒業 (2)  ~ 自作するメリットって? ~ »