« column:自作パソコン卒業 (2)  ~ 自作するメリットって? ~ | トップページ | column:自作パソコン卒業 (4)  ~ 自作パソコンに挑戦しよう ~ »

column:自作パソコン卒業 (3)  ~ パソコンはファッション ~

最近のパソコンは、「一家に一台」どころか、「一人に数台」の世界になった。

大学時代に30万円も出してデスクトップパソコンを買ったのが、バカみたいな話だ。

結局は、ハード面においてもソフト面においても、

「誰でも使えなければならない家電製品・道具」

になった。

いちいち、クルマを運転する際、

「コレはどういう原理で動いているんだろう?」

なんて考えなくても、クルマは操作でき、動くように、

「パソコンはどうやって動いているんだろう?」

などを考えなくても、パソコンは動かなければならないモノになってしまった。

これが

「パソコンの大衆化」

だと思う。

クルマが壊れりゃ、ディーラーに頼めば直してくれるように、パソコンが壊れりゃ、メーカーに修理を頼めばいい世界になった。

もちろん、クルマであれば個人的メンテナンス(オイルチェック・タイヤの空気チェック等)があるように、パソコンの場合はデーターの定期的バックアップ等といった、必要最低限の知識は、いつまでたっても求められることはいうまでもない。

ここ数年で、メーカー製のパソコンも安くなり、性能も良くなった。

おまけに、カッコ良くなった。

保証のシステムも充実してきた。

買い替え時の買い取りも保障されるようになり、非常に便利になってきた。

逆に、自作のパソコンは、大きくて、重く、保証も効きにくい。

おまけに、買い替えるとなると、パーツごとに買い取りとなり、買い取ってくれる店舗も限られてくるので、非常に使い勝手が悪い。

まぁ、今の私のライフスタイルに合わなくなってしまったのは確かだ。

これからのパソコンの条件としては、安定性とかは当り前で、

・カッコイイこと

・スマートであること

・どこでも使えること

・簡単であること

・誰でも使えること

・安全であること

・リサイクル商品なので買い替えがスムーズであること

が重要になってくる。

この辺になってくると、もはや、ホビーの領域ではなく、家電、ファッションの領域だ。

そういういきさつが、パソコンに対する視点を、

「作るのが楽しいホビーとしてのパソコン」

から、

「買うのが楽しい道具としてのパソコン」

へ大きく変化させた。

今後は、何のパソコンを買おうか?

今回の購入は、

「道具としてのパソコンを買う楽しみ」

を味わおうと思っている。

現在検討中っであるが、おおむね、ノートパソコンを買うことは決まっている。

某パソコンショップの店員が、

「もう、あんまりデスクトップに固執しなくても、良くなってきましたね。」

というほど、ノートパソコンの性能も上がってきている。

ノートパソコンの一番の魅力は、やはり省スペース。

これに勝るものはない。

BTO(Built to Order)にするか、メーカー製にするか?迷う。

まぁ、迷っている時が一番楽しいのだ。

Windows7は年末だ。それまでにカッコいいヤツを決めればいいと思っている。

ここまで書いてくると、

「自作パソコンってそんなにいいことないじゃん!」

と思われる人が多いと思う。

ただ、私は自作パソコンを否定するつもりは全くない。

私は、一度でも組み立てた経験がある人とそうでない人を比べてみれば、組み立てた経験がある人の方が、どんなパソコンであろうと、より奥深く使いこなすことができると思っている。

私に関して言えば、

「自作パソコンには飽きてきたし、十分経験したから、もういいや・・・」

っていう気持ちと、

「私のライフスタイルに、自作パソコンそのものが合わなくなってしまった」

だけの話なのだ。

そこで、次回、

「自作パソコンを経験しよう!」

で話をまとめます。

(→つづく)

|

« column:自作パソコン卒業 (2)  ~ 自作するメリットって? ~ | トップページ | column:自作パソコン卒業 (4)  ~ 自作パソコンに挑戦しよう ~ »

趣味」カテゴリの記事

column」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: column:自作パソコン卒業 (3)  ~ パソコンはファッション ~:

« column:自作パソコン卒業 (2)  ~ 自作するメリットって? ~ | トップページ | column:自作パソコン卒業 (4)  ~ 自作パソコンに挑戦しよう ~ »